キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 質屋の流れ : 質屋の事情通サイト

質屋の流れ

質屋の事情通サイト

突然現金が必要になった場合など、質屋は便利に活用できます。

新着おすすめ記事

質屋の流れ

もし、質屋を利用しようとする場合、どのような流れになっているのでしょうか?

質屋を利用するには質屋に預ける品物と、身分を証明できるものが必要になります。

また、ほとんどの質屋では未成年者の利用はできないところが多く、18歳以上という制限があります。

質屋では、品物を預けるということが前提であるため、何も持って行かずにお金だけ借りるということはできません。

品物を質屋に持って行くと、まずその品物の査定を行います。

もしかしたら、品物は偽物かもしれませんね。

本物のブランド品だと思って購入したものが、質屋の査定で偽物だとわかった場合、かなりショックだと思います。

査定は無料で行ってくれるケースがほとんどで、査定の段階で偽物であることがわかれば、融資できない、ということもありうるわけです。

本物で価値があることがわかれば、そこで融資金額の提示がされます。

商品の所有者がその金額に納得し同意すると、商品を預かり現金が渡されます。

その時に、本人確認のために身分証明書が必要になります。

この時に質屋の利用としてはふたつあります。

預けた製品を放棄する場合と、預けた商品を取り返すというパターンです。

預けた製品を放棄する場合は、その製品は質屋のものになり、流れはこれで完了となります。

預けた製品を取り返す場合は、質屋規定の利息を支払い、返済期日までに返済します。

その後、預けた製品を取り戻すことになります。

突然現金が必要になった場合など、質屋は便利に活用できます。

参考サイト⇒東京質屋協同組合|質屋とは?質屋の疑問にお答えします。